PURE…PURE…PURE…PURE…PURITY!WHAT PURITY?TRUTH,GOOD AND BEAUTY…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高尾が清田にみえて仕方ないのだよ
最近はすっかり黒バスとSD…バスケットの少年のことばかり考えています…スポーツ漫画っていいですよね…それで流川よろしく練習で描いてるとき本誌読んでて高尾のセリフがエッチすぎて色々困ってます…お前には負けたくないのあのくだりはまさに告白だし、後ろからとか野暮なことしなさんな、なんて…俺は正常位じゃなきゃ喘いでるお前の顔見れなくて嫌だって言ってるみたいじゃない?あ~~~~!そういうことかあ!と納得しまくりです!(笑)笑い事か!(逆ギレ)そんな試合中の高尾が愛おしくて仕方ないです…清田と比べると今の子って本当に積極的だなあって思ったり思わなかったり^▽^)┛

<高黒について掘り下がった妄想>高黒は高尾が真ちゃんが好きで好きででも手に触れる事もできなくて、しようとする(手に触れる)そんな雰囲気の時にバスケットの、黒子の話しをされて真ちゃんは本当に黒子が好きなんだなあ…黒子ってどんな男なんだよ?と興味を持ち始めライバル心剥き出しで挑発するんだけど、冷静に静かに核心的な事を返されて徐々に、でも確実に黒子に惹かれていく高尾…思わず触れて、触れたらもう止まらなくて身体の関係になって俺真ちゃんが好きだったのに…って思う…でも止められなくて激しく黒子を求める高尾少年…そんな強引な面も持ち合わせながら黒子と真ちゃんの見えない過去に嫉妬して苦悩してたらいいです…悩めるエスっ子っていいですよね…その不満、というか不安定な気持ちを性的な行為で誤魔化すみたいなそんな…でも実際のところは真ちゃんの片想いで高尾が想像してるような破廉恥な事はなにひとつとして無かったらいいです(高尾空回り!)現実の恋愛って大概自分が想像してたようにはならなくて、特に浮気的なことって計画的もあるのでしょうが流されてなってしまうって大多数だって思ってるので高黒はそういう点では現実味あるCPだと思います(個人的主観が偏っていすぎる)また更におもしろいのは今回は受け(黒子)が無表情というのが堪らんのである!セックスで誤魔化したつもりがあれ気持ち良くないの?真ちゃんともそうだったの?って男子特有の、最中に余計なこと考えちゃって恋の無限地獄に陥る高尾君!自分だって好きな(好みの)子とセックスできること事態で気持ちいいはずなのにどうしてテクニックを気にするんだろう…雄に生まれ変わってその心理を分かち合いたいというのが今の夢です^^壮大な夢だ…でもまたそんなところが可愛いんだけど!(好きな子限定)火神君みたいに明らか体格の良い肉食系の子が気持ちいいのか…って伺ってる(マウントポジションで)のって女としても男として?ももえます…高尾は人間関係については賢そうだから最中もきっと色々考えて考えすぎてる!ていうかわたしの高尾に対するイメージってなんだ…わたしの高尾ちょっと思考が危ない…乱れる黒子はそれはそれで可愛いんだろうけどツナセナとかと変わらなくなりそうなのでここはひとつ無表情であってほしいです…それから目線ですがよく表紙にある、第一Qからあるあの上から捉えた黒子ってあれ高尾目線ですよね!でも伊月先輩って言われたら違う!とはいえないんですが…鷹の目とか鷲の目とか…実際どう見えてるのか地震体験みたいに体験してみたいです…どうやったら手に入るの?< /高黒について>

あと水金の純愛がとても心を浄化してくれます…まさにマイナスイオン…森林浴とか滝とかあ…あの二人って妖精なんじゃない?そんな幻想的なこと言ってた矢先にそりゃないんじゃないの?というかんじで申し訳ないんですが、小金井君の色んな表情を描いていて、黒い小金井君ってどうでしょうか(ひつこい)(が描きたい)火金てあるじゃない?帰国子女君には悪いんだけどお前(火神)に抱かれてるけど俺、水戸部だと思ってるからみたいな事を涎(というか火神君のアレ)を口角上げた口から垂らして舌で舐め取りながら股広げたエロスな恰好でいっちゃう黒小金井…咥えさせてやるよ的な上から目線の黒小金井…先輩だもの…たまにはいいじゃない…デカ目だけど三白眼なので睨んだら結構男前になるはずだもの…まあこれは片想い水金前提ですが…あと前提に付け足すと火←黒かな…そんな横やりは高黒でもいえますが…ただこういう横恋慕?なときは本命のCP以外は身体の関係がないといいです…高黒なら高→緑、火→黒、火金なら黒→火、金→水は一方通行片想い…みたいな!青春してるな~!(そうなのか)(片想いは青春の代名詞です^O^///)

それから奇跡組同士がくっつくよりも奇跡の過去を知らない者との恋愛模様を繰り広げてほしいです…過去のしがらみで離れられないとかそういうのはノーマルで満腹なので男の子同士は別れたらすっかりお友達で(多少は気まずいんだけど)いたらいい…そして敢えてその関係性を訊けないしでも気になるしでも今愛されてるの俺だしでも奇跡っつったら俺よりイケメン…(→バスケ上手)もしかして過去に戻りたい?とか奇跡組に恋をしてる奇跡組以外の少年が悩む様を描きたいし読みたい!奇跡組って皆寡黙だったり誤魔化すの上手そうだったりウザいって聞く耳持たないような子ばかりだからミステリアス度数は高いと思うので^^ていうか結論としては高尾君がクレイジーだったり小金井君が挑発的だったり愛情と友情が交錯しするけどわたしの掛け算とか足し算とか矢印にはすべて愛があります!

それから真面目な?話ですが…水戸部君は普段喋らないがコンセプトなのでいつか彼が本誌で口を開く時は凄く重要なシーンだとおもうのです…その時はできれば小金井君が関わってるといいなあ…と思います…怪我したりとかさ…そして火神君の制服時にしているあのネックレス…トップは指輪なんだろうか…それも海外にいたときに何かの約束でなのだろうか…とかいう何かカッコイイめの回想があることを望みます……またエロスなことになっちゃいますが、火神君とエッチすると大我…がだんだん気持ちよくなっていってたいがあ…(虎)なんですよね…意識してそんな名前なんだろうけど…あー無駄に長い!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。